1
西心斎橋,女性院長,ホワイトニング

西心斎橋,女性院長,ホワイトニング


審美歯科

 

審美歯科とは美しさに焦点をあてた歯科治療のことを指します。従って歯並びを治す矯正歯科も大きく考えれば審美歯科に当てはまりますが、一般的に呼ばれている審美歯科とは、 歯を白くしたい ・ 歯並びを美しくしたい ・ 詰め物や被せ物をより自然に見せたい という要望に対しての治療を審美歯科と呼びます。

これらの治療は基本的に自費診療になります。保険治療で使用する材料に比べて審美的・機能的にも向上するものを使用します。
数年前に保険治療で使用した金属の詰め物や時間の経過によって変色してしまったプラスチック製の被せ物が変色した為に、心理的コンプレックスをかかえている方もいらっしゃると思います。
保険診療の際に使用する材料と比較して耐久性の向上も望めます。

セラミック修復

保険診療で使用されるプラスチック系の素材は吸水性が高いため変色はさけられません。
それに比較しセラミック(陶材)は変色しません。

メタルボンド

メタルボンドは金属製の土台の上に、陶材を焼き付けた修復物です。
陶材は非常に硬い反面、衝撃に弱い特性を持った素材です。奥歯や噛み込みの深い部分は特に負担がかかります。金属の土台を用いて陶材が割れることを防ぎます。
 

オールセラミック

土台もすべてセラミック製です。構造はメタルボンドと大差はありませんが土台をセラミックにすることにより、色の再現性や光の透過性などより審美的に天然歯に近づけることができます。強度は金属には及びませんが、近年の歯科材料技術により噛みあう力にも耐えうる素材で作られています。
 

オールセラミッククラウン


土台も含めすべてセラミックで作ります。
金属は光を遮断してしまいますが、オールセラミックなら自然な透過性をも再現することができます。

ラミネートベニア


ラミネートベニアは天然歯の表面を一層削り、薄いセラミックを貼り付ける治療です。
歯の色が気になる、歯と歯の間の隙間が気になるなど、必要最小限の切削量で治療できることが特徴です。

セラミックインレー


保険適応の金属インレーとの比較。
残存する天然歯と修復物との見分けがつきません。

ハイブリッドレジンインレー

ハイブリッドは陶材とプラスチックの混合素材です。セラミックの衝撃に弱いという欠点をプラスチックで補っています。純粋なセラミックと比較すると審美性や着色に劣りますが、安価であることが特長です。奥歯などのインレー修復にお勧めいたします。




©2018 GA DENTAL OFFICE エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ